トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

【P案件】英国・マンチェスターの不動産案件「ザ・ルーム(The Loom)」

「ザ・ルーム(The Loom)」はマンチェスター市中心の東部、都市再生が盛んに進んでいるエリアであるニュー・イズリントン(New Islington)に建設される5階建て新築物件だ。市内の高級化の再開発地域であるアンコーツ(Ancoats)やピカデリー・バシン(Piccadilly Basin)からも徒歩の距離にある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス, 海外不動産 | 【P案件】英国・マンチェスターの不動産案件「ザ・ルーム(The Loom)」 はコメントを受け付けていません。

HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか?

「HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか?」

という質問を良く受ける。”1ヶ所に資産を集中させておくのはリスクが高い。海外にも分散しておくべきだ”と感じ、数年前に香港に赴いて口座開設をしたもののその後使う場面はなく放置状態。。せっかくコストと手間をかけて手に入れたものなので何とか自分の人生に役立てたい、という思いがあるのだろう。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, 銀行 | HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか? はコメントを受け付けていません。

香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(2)

非居住者の外国人でも現地を訪れることなくわずかな時間と費用で設立できる、

「香港法人」

通常、香港法人は中国語では”有限公司”、英語では”Limited”あるいは”Company Limited”と締めくくられる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 香港法人 | 香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(2) はコメントを受け付けていません。

香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(1)

毎年米国のシンクタンク「ヘリテージ財団」と経済紙「ウォールストリートジャーナル」が共同で発表している指数に「経済自由度指数(Index of Economic Freedom)」というものがある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 香港法人 | 香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(1) はコメントを受け付けていません。

北朝鮮のミサイルと中国の姿勢と日本人の生き方と

7月28日、北朝鮮が大陸間弾道弾(ICBM)と思しきミサイルを発射、北海道奥尻島の150km沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, アジア | 北朝鮮のミサイルと中国の姿勢と日本人の生き方と はコメントを受け付けていません。

HSBC香港の口座凍結と日本人の英語力雑感

7月某日半年ぶりに大阪在住のスタッフNが香港にやってきた
5月に開催した「HSBC香港口座開設&海外資産運用勉強会・座談会」の際にHSBC香港のATMカードが6か月間使用していないと使えなくなるのではないか、という話題が出た。少しドキッとした。というのも、最近ちょうど同じような噂を耳にしていたからだ。我々の方でおこなっているアフターサポートサービス、「HSBC香港年間サポート会員」のメンバーの方から問い合わせがあったのだ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, 銀行 | HSBC香港の口座凍結と日本人の英語力雑感 はコメントを受け付けていません。

「資金を遊ばせておくのは勿体無い」と焦る投資初心者がまずやるべきこと

学校を出て就職あるいは起業しがむしゃらに働いて30代〜40代。ふと気づくとある程度まとまったお金が銀行の普通預金に貯まっている。”遊ばせておくのはもったいないな。。”と、ある日そのお金を何とか運用できないだろうかと考える。とても大事なことだが実はもっとも危険な時でもある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> カテゴリなし | 「資金を遊ばせておくのは勿体無い」と焦る投資初心者がまずやるべきこと はコメントを受け付けていません。

東南アジア不動産物件投資物語:フィリピンコンドミニアム完成編

2011年にフィリピン・マクタン島で購入したコンドミニアム「8ニュータウンブルバード(BLVD)」完成予定は2014年末だったが建設工事は遅れた。

工期が日本のようにきっちりと守られないのは海外では、特にフィリピンのような新興国ではよくあることだ。まだいろいろなものが発展途上だから物件価格も安い代わりに人件費も安く作業のレベルもそれほど高くない。なのでこうした地域でオフ・ザ・プラン(プレビルド)の物件を買うときは購入者側である程度覚悟をしておく必要がある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> フィリピン, 海外不動産 | 東南アジア不動産物件投資物語:フィリピンコンドミニアム完成編 はコメントを受け付けていません。

東南アジア不動産物件投資物語:フィリピンコンドミニアム購入編

2011年にフィリピン・マクタン島でコンドミニアムを1部屋購入した。リーマンショックから3年。米国が経済の立て直しを目指して大規模な金融緩和をおこなっている最中であり、溢れ出したドルが後押ししたのかフィリピン、マレーシア、タイなどで東南アジアでの不動産開発が盛んで日本では関連のセミナーが数多く開催されていた。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> フィリピン, 海外不動産 | 東南アジア不動産物件投資物語:フィリピンコンドミニアム購入編 はコメントを受け付けていません。

2017年7月、中国の銀行にある資金の移動についての各種規定

日本の外為法ではJPY1,000,000以上の現金を海外に持ち出す場合税関への申告義務がある。日本国内の銀行からJPY1,000,000以上の海外送金をすると所轄の税務署に報告されることになっている。こうして国家は個人のちょっとまとまった資金の流れを把握している。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 中国銀行, 銀行 | 2017年7月、中国の銀行にある資金の移動についての各種規定 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.