トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

台湾における銀行口座開設と富裕層向けOIU(オフショア・インシュランス・ユニット)

今年からのCRS(共通報告基準)の稼働により、日本や欧州諸国、オーストラリアなどの先進国はもとより、これまで顧客の資産情報開示を控えてきたヨーロッパやカリブ海のタックスヘイブンも相次いでこれに加入。2018年以降は世界101の国・地域の金融機関に預けてある資金はこの巨大なネットワークの中からそれぞれの加盟国が自由に閲覧することができるようになる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 保険, OIU(台湾) | 台湾における銀行口座開設と富裕層向けOIU(オフショア・インシュランス・ユニット) はコメントを受け付けていません。

元本保証の長期積立に10年プランと20年プランが登場

海外には日本のように公的年金がない国も少なくない。そうした国に住んでいる人が年金代わりに利用しているのが民間企業が運営している長期積立ファンド。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 元本保証型, 長期積立ファンド | 元本保証の長期積立に10年プランと20年プランが登場 はコメントを受け付けていません。

現物投資。インターネットによりもはや投資と化した物販ビジネス

「モノを売る商売(物販)」と言えばかつては多分に労働集約的なビジネスだった。市場調査に歩き回って商品を注文し、入荷したら検品をして店に輸送し陳列、販売してようやく利益を手にできる。同じお金を稼ぐ行為でも投資はそれほどの労力を必要としない。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 物販現物投資 | 現物投資。インターネットによりもはや投資と化した物販ビジネス はコメントを受け付けていません。

【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ザ・カーブ(The Curve)」

「バーミンガム(Birmingham)」はイギリスのウェストミッドランズに位置する工業都市である。市内の人口は約110万人。近郊の地域を含むバーミンガム都市圏の人口は229万人、都市圏人口ではロンドンに次いで英国で第二の規模を誇っている。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス | 【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ザ・カーブ(The Curve)」 はコメントを受け付けていません。

元本保証の長期積立ファンド

「元本保証」

すべての運用期間に渡って元本が減ることなく満期償還時に必ず投じた金額以上が戻ってくる商品である。代表的なものには定期預金、国債・地方債・社債などの債券、養老保険など一部の保険商品がある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 元本保証型, 長期積立ファンド | 元本保証の長期積立ファンド はコメントを受け付けていません。

台湾が新たなオフショアとして外国人から注目を集めている理由

2017年からのCRS(共通報告基準)による、銀行口座・証券口座情報の交換システムの稼働開始により新たなオフショアとして欧米人、中国人、香港人などの間で注目が集まっているのが「台湾」だ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 保険, OIU(台湾) | 台湾が新たなオフショアとして外国人から注目を集めている理由 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮問題。ルビコン川手前の極東地域

先日「イミテーションゲーム」という映画を見た。コンピュータ誕生の基礎を作り、人工知能の父と呼ばれる英国人アラン・チューリング博士の物語である。
続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> アジア | 北朝鮮問題。ルビコン川手前の極東地域 はコメントを受け付けていません。

長期積立ファンド。最近の変化と動向

毎月少額の資金を積立て、その資金をポートフォリオ上のファンド(投資信託)を購入してゆく長期積立ファンド。主な特長としては、

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ポートフォリオ運用, 長期積立ファンド | 長期積立ファンド。最近の変化と動向 はコメントを受け付けていません。

個人年金としての長期積立ファンド。公的年金にはない側面

「長期積立ファンド」はファンドラップまたはセービングプランと呼ばれる海外の投資会社(プロバイダー)が運営している運用商品である。海外において主に個人年金商品として利用されているものだ。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ポートフォリオ運用, 長期積立ファンド | Leave a comment

Comments are closed.