トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

インド・コルカタのアディタ・スクール(Aditya School)見聞録

コルカタに入ったのは2018年7月10日。

一旦香港からバンコクへ、そこで今回の視察の案内をしてくれる投資会社ETAのR氏と合流し、インドの航空会社IndiGoの15:15出発便に搭乗しコルカタの「ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港」着いたのは現地時間で16:55。両都市の時差が1時間30分なので2時間40分の飛行時間というところか。日本との時差は3時間30分である。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, アジア | インド・コルカタのアディタ・スクール(Aditya School)見聞録 はコメントを受け付けていません。

実質価値がないにもかかわらず高い人気を誇る暗号通貨。イオス(EOS)

2018年6月18日時点での仮想通貨(暗号通貨)の時価総額ランキングは以下の通りである。

1.ビットコイン(BTC):$110,646,311,646
2.イーサリアム(ETH):$49,810,517,027
3.リップル(XRP):$20,570,583,428
4.ビットコインキャッシュ(BCH):$14,437,890,788
5.イオス(EOS):$9,232,490,528
6.ライトコイン(LTC):$5,450,406,361
7.ステラ(XLM):$4,247,615,687
8.カルダノ(ADA):$4,114,185,334

https://coinmarketcap.com/all/views/all/

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 実質価値がないにもかかわらず高い人気を誇る暗号通貨。イオス(EOS) はコメントを受け付けていません。

今を生きる日本人としての自分がこの先の人生をどう歩くか



英語力は相当あるはず、だが正直英会話力はヤバい。。常々、日本から来る人に対して感じることである。一流大学、大学院などで高度な教育を受けた人でさえ日本にずっと住んでいる人の平均的な英会話能力はかなり低い。英語で読み書きをさせたらおそらく英語圏の人たちと同等か、もしくはそれ以上の正確さでこなす人も少なくないはず。それだけの高等教育を受けた人の多くが乏しい英会話力水準に留め置かれているというのは世界でも稀有なことのように思える。「お前だって海外に出る前は英語も聴くことも話すこともできなかっただろう」と言われれば確かにそうだ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, 日本 | 今を生きる日本人としての自分がこの先の人生をどう歩くか はコメントを受け付けていません。

日本人が減ってゆくその先の世界

自分が書いた【国境なき投資戦略】の25回のメール講座の中で年金の危機とか国民資産がターゲットにされていることとかいろいろな問題を取り上げて警鐘を鳴らしている。その中で人口減少と少子高齢化についても書いているが(メール講座第四回 人口減少。抗えない自然の摂理の中で我々は?その編集後記で「歴史は繰り返しまた人口増に転じると思っているので心配はしていない」と述べた。実はだんだんとそう思えなくなってきている。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, 日本 | 日本人が減ってゆくその先の世界 はコメントを受け付けていません。

歴史的変革が続く日本の不動産賃貸業。その先の動向を知る

「サラリーマン大家」という言葉にも現れているように現在は一般の人が副業でも不動産経営に参入しやすい時代である。投資や資産運用を生業としていることもあり僕の周囲には低金利や異次元金融緩和の影響で会社員の傍らアパート・マンション経営を行っている人は多い。なのでついつい忘れがちになるのだがそもそもそうした普通の人が賃貸業を営む環境が整備されたのはごく最近のことである。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国内不動産 | 歴史的変革が続く日本の不動産賃貸業。その先の動向を知る はコメントを受け付けていません。

現金が動かしにくくなってゆく世の中

中国圏内への現金の持ち込み、持ち出しが一段と厳しさを増している。中国の通貨、人民元(RMB)については中国本土から海外への持ち出し、海外から本土への持ち込みの双方において限度額は一人あたりRMB20,000/日である。合法的にそれ以上の金額をハンドキャリーで移動することはできない。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, 中国 | 現金が動かしにくくなってゆく世の中 はコメントを受け付けていません。

いつの時代にもチャンスがあることを…イン(ADA)

「今には今のチャンスがある」というのは僕がいつも肝に命じ、相談者にも語っている言葉である。これまでの人生の中で日本のバブル景気やITバブル、中国の不動産高騰など資産を一気に増やすことのでき様々なチャンスがあった。それらの話をするとき、特に若い人から”昔は良かったですね”的な羨望を含んだ反応が返ってくることがある。しかし、それは間違いだ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | いつの時代にもチャンスがあることを…イン(ADA) はコメントを受け付けていません。

【P案件】ベルリンの不動産物件「コンスタンツェル(Konstanzer)」

新物件が出てこない。それが率直な感覚である。EUの盟主であるドイツの首都でありながら、その特殊な歴史的背景から不動産価格が非常に低い状態に留め置かれていたベルリン。

そんなベルリンの住宅市場が世界中の投資家から注目を集めて数年が経つがヨーロッパ独特の建築に関する習慣や規制からなかなか新しい物件の情報は入らず、出てきたらほどなく完売という状態。ベルリンの住宅市場は2016年の時点で少なくとも80,000戸も実需要を下回る深刻な構造的供給不足に陥っている。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ドイツ, 海外不動産 | 【P案件】ベルリンの不動産物件「コンスタンツェル(Konstanzer)」 はコメントを受け付けていません。

分散型予測市場プラットフォーム用暗号通貨。オーガー(REP)とノーシス(Gnosis)

「予測市場(Prediction Market)」は将来起きる出来事を予想してお金を投じ、その結果が正しければ報酬を得て間違っていれば投じたお金は戻ってこないというマーケットである。ギャンブルは典型的な予測市場だ。競馬の場合はどの馬が勝つかを予測してお金を賭ける。自分が賭けた馬が勝てば払戻金という報酬が支払われ、負ければ賭けたお金を失う。そして多くの人が勝つと思っている人気の馬に自分も賭けてそれが勝つよりも、人気の低い馬に賭けて勝つ方がより多くの報酬がもらえる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 分散型予測市場プラットフォーム用暗号通貨。オーガー(REP)とノーシス(Gnosis) はコメントを受け付けていません。

人間の知恵の産物。ヘッジファンドの仕組みを分解する

香港を拠点に投資・資産運用を取り扱っていると世界中から日々いろいろな商品の情報が入ってくる。優良と思えるもの、たいしたことないもの、まともなもの、怪しいもの、玉石混交なのだがどれも多かれ少なかれ人間の知恵の産物でありその内容を見るのは面白い。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | 人間の知恵の産物。ヘッジファンドの仕組みを分解する はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.