トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

いつの時代にもチャンスがあることを…イン(ADA)

「今には今のチャンスがある」というのは僕がいつも肝に命じ、相談者にも語っている言葉である。これまでの人生の中で日本のバブル景気やITバブル、中国の不動産高騰など資産を一気に増やすことのでき様々なチャンスがあった。それらの話をするとき、特に若い人から”昔は良かったですね”的な羨望を含んだ反応が返ってくることがある。しかし、それは間違いだ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | いつの時代にもチャンスがあることを…イン(ADA) はコメントを受け付けていません。

【P案件】ベルリンの不動産物件「コンスタンツェル(Konstanzer)」

新物件が出てこない。それが率直な感覚である。EUの盟主であるドイツの首都でありながら、その特殊な歴史的背景から不動産価格が非常に低い状態に留め置かれていたベルリン。

そんなベルリンの住宅市場が世界中の投資家から注目を集めて数年が経つがヨーロッパ独特の建築に関する習慣や規制からなかなか新しい物件の情報は入らず、出てきたらほどなく完売という状態。ベルリンの住宅市場は2016年の時点で少なくとも80,000戸も実需要を下回る深刻な構造的供給不足に陥っている。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ドイツ, 海外不動産 | 【P案件】ベルリンの不動産物件「コンスタンツェル(Konstanzer)」 はコメントを受け付けていません。

分散型予測市場プラットフォーム用暗号通貨。オーガー(REP)とノーシス(Gnosis)

「予測市場(Prediction Market)」は将来起きる出来事を予想してお金を投じ、その結果が正しければ報酬を得て間違っていれば投じたお金は戻ってこないというマーケットである。ギャンブルは典型的な予測市場だ。競馬の場合はどの馬が勝つかを予測してお金を賭ける。自分が賭けた馬が勝てば払戻金という報酬が支払われ、負ければ賭けたお金を失う。そして多くの人が勝つと思っている人気の馬に自分も賭けてそれが勝つよりも、人気の低い馬に賭けて勝つ方がより多くの報酬がもらえる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 分散型予測市場プラットフォーム用暗号通貨。オーガー(REP)とノーシス(Gnosis) はコメントを受け付けていません。

人間の知恵の産物。ヘッジファンドの仕組みを分解する

香港を拠点に投資・資産運用を取り扱っていると世界中から日々いろいろな商品の情報が入ってくる。優良と思えるもの、たいしたことないもの、まともなもの、怪しいもの、玉石混交なのだがどれも多かれ少なかれ人間の知恵の産物でありその内容を見るのは面白い。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | 人間の知恵の産物。ヘッジファンドの仕組みを分解する はコメントを受け付けていません。

中央集権型の暗号通貨。リップル(Ripple)とステラ(Stellar)

2018年4月中旬時点、仮想通貨(暗号通貨)の時価総額でビットコイン、イーサリアムに続いて第三位の規模を誇るのがリップルである。リップルは前者2つを含む多くの仮想通貨とは大きく異る側面を持っている。リップルとビットコインの最も大きな違いは中央管理者の有無。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 中央集権型の暗号通貨。リップル(Ripple)とステラ(Stellar) はコメントを受け付けていません。

物販先物投資。情報と行動力を駆使して利益をあげるIT時代の商品投資

京都高島屋で限定販売された人形100体が一人に買い占められたということがニュースになっていた。

それは「スーパードルフィー(SD)」という精巧な高級フィギュアで、有名な画家・ファッションデザイナーの故中原淳一氏の画を忠実に再現したもの。価格は1体124,000円と高価だが一部のファンにカルト的な人気を誇っていて、100体ぐらいなら一瞬で完売する。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 物販現物投資 | 物販先物投資。情報と行動力を駆使して利益をあげるIT時代の商品投資 はコメントを受け付けていません。

ヘッジファンドという投資2:ヘッジファンドの投資戦略

ヘッジファンドの投資戦略はまず以下の2通りに分けることができる。

1.ディレクショナル型

2.非ディレクショナル型 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | ヘッジファンドという投資2:ヘッジファンドの投資戦略 はコメントを受け付けていません。

ヘッジファンドという投資1:投資信託とヘッジファンドの違い

富裕層、ハゲタカ、ジョージ・ソロス、絶対収益、通貨危機、空売り、レバレッジ。そんなキーワードが浮かんでくる、「ヘッジファンド(Hedge Fund)」それがどういうものかを語る前にそもそもファンドとは何か、というところから説明を始めよう。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | ヘッジファンドという投資1:投資信託とヘッジファンドの違い はコメントを受け付けていません。

タイ、パタヤ・プーケット視察の旅で研究する仮想通貨で参入可能な投資案件

2017年は仮想通貨(暗号通貨)の市場が大きく成長した年だった。年初約1.7兆円だった仮想通貨全体の時価総額は同年12月末には64兆円となり、仮想通貨市場は実に37倍以上にも膨れ上がった。仮想通貨の草分けであるビットコインの価格は2017年初め頃1BTC=約10万円だったが、その価格は一時200万円を突破する勢いで上昇した。2017年末のビットコインの時価総額は25兆円だったので仮想通貨市場全体の約4割をビットコインが占めていたことになる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨, タイ, 海外不動産 | タイ、パタヤ・プーケット視察の旅で研究する仮想通貨で参入可能な投資案件 はコメントを受け付けていません。

仮想通貨取引によく使われているワードに覚える違和感

IPO(Initial Public Offering)」日本語に訳すと新規株式公開という意味である。株式会社であれば株式を発行してそれを投資家に渡し事業資金を集めることができる。最初は未公開株の状態なので、家族、友人、知り合い、またはそこからの口コミなどを通じて出資を集めることになる。それで事業が上手くゆき業績が良くなれば株式を証券会社で扱ってもらい、一般の人からより広く資金を集めることができるようになる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 仮想通貨取引によく使われているワードに覚える違和感 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.