トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

バンコクの不動産物件「ノーブル・アンビエンス・スクンビット42(Noble Ambience Sukhumvit 42)」

タイ王国はインドシナ半島中央部からマレー半島北部を領土とする人口約6,700万人を擁する国である。帝国主義の時代以降東南アジアのほとんどの地域は欧米諸国の植民地となったが唯一13世紀の国家成立以来タイ国王の下に一貫して独立を維持している。東南アジア諸国連合(ASEAN)には発足当初から加盟しており、その経済統合であるASEAN経済共同体(AEC)でも中心的な役割を果たす。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> タイ, 海外不動産 | バンコクの不動産物件「ノーブル・アンビエンス・スクンビット42(Noble Ambience Sukhumvit 42)」 はコメントを受け付けていません。

余力、ポテンシャルともにまだまだ底の知れない中国経済

久しぶりの大きなモデルチェンジによる需要増大で品薄が続いているiPhoneX。依然としてその供給の鍵を握っているのが中国の工場だ。最近iPhoneXの生産をおこなっている鴻海科技集団(Foxconn)のブラックな労働環境が再び取り上げられた。鴻海科技集団と言えば昨年シャープを買収した台湾資本の企業だが2010年にiPhone4の生産をおこなっていた同社傘下の富士康のシンセン工場で10名以上の従業員が過酷な労働を苦に自殺したということでも有名だ。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国・地域別情報, 中国 | 余力、ポテンシャルともにまだまだ底の知れない中国経済 はコメントを受け付けていません。

【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ザ・カーブⅡ(The Curve Ⅱ)」とバーミンガムの各地区の特徴

HSBCやPwCという大企業の新たな拠点が設けられることが決定しているとともにロンドンを除けば英国でもっとも活気ある起業の地として、バーミンガムの雇用は非常に力強く推移すると予測され、現在110万人を誇るバーミンガムの人口は2031年までにさらに15万人ほどが新たに増加すると見込まれている。その人口の40%は25歳以下の人が占めており、ヨーロッパでもっとも若者に溢れた都市ということをアピールポイントにしており、若年専門職層がひしめく都会的なコミュニティを形成しつつある。もちろん住宅需要は力強く新たに80,000ユニットの建設が必要とされており、欧米投資家の注目を集めている。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス, 海外不動産 | 【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ザ・カーブⅡ(The Curve Ⅱ)」とバーミンガムの各地区の特徴 はコメントを受け付けていません。

インベスターズトラスト(ITA)の長期積立商品「エボリューション」

長期積立ファンド、ファンドラップ、あるいはファンドオブファンズと呼ばれる長期積立商品のひとつにケイマン籍のインベスターズトラスト(ITA)が提供する

「エボリューション(Evolution)」

という商品がある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ポートフォリオ運用, 長期積立ファンド | インベスターズトラスト(ITA)の長期積立商品「エボリューション」 はコメントを受け付けていません。

別業界のビジネスマンも知っておきたい最新ウェブサービス事情

最近意味や仕組みもわからず使っているものがちらほらとある。「クラウド(Cloud)」は僕にとってその典型だ。2012年頃に友人のシステムエンジニアから「離れた場所の人と一緒に仕事をするならこれが良いよ」と言われて、SugarSyncというクラウドサービスを利用し始めた。それまではいちいちファイルをメールに添付して送り合いながら共同作業をしていたが、そのとき以来お互いがクラウド上のファイルにアクセスして常に最新の状態のファイルを使えるようになった。ファイルの共有、これは便利なものだなと、昔会社員だったときに使っていたFTPサーバに似ているな、と言うのが最初の印象だった。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 科学技術・テクノロジー | 別業界のビジネスマンも知っておきたい最新ウェブサービス事情 はコメントを受け付けていません。

現地の証券会社で現地株を取引するのが一番お得。BOOM証券と現地証 券会社の手数料比較

BOOM証券では日本株や米国株を含む12カ国13市場での株式取引ができるが、それは現地の証券会社を通じて取引するより有利か不利か?結論を先に言えば、やはり株式はやはりその国の証券会社を通じて取引をする方が手数料は割安である。各国の証券取引所で取引をするためには取引参加者(会員)資格が必要で通常それは内国法人に限られている。つまり海外の証券会社がその国の株式を取引するためには現地の取引所の会員に取り次いでもらわなければならない。仲介者がひとつ増えると手数料も高くなるのだ。また外国で取引をするのだから売買をおこなうときにはその国に資金を送金しなければならないこともある。その送金手数料もコストになるのである。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> BOOM証券, 証券会社 | 現地の証券会社で現地株を取引するのが一番お得。BOOM証券と現地証 券会社の手数料比較 はコメントを受け付けていません。

HSBC香港のデポジットプラス(Deposit Plus)の有効活用法

「デポジットプラス(Deposit Plus)」は、HSBC香港口座で利用できる運用商品だ。預入通貨と利払いの通貨が同じで償還時の受け取り通貨が変わるデュアルカレンシー債とある特定の通貨を権利行使期間に予め定められた価格で売り買いする権利を取引する為替オプションを組み合わせた投資商品で日本語では元本通貨変動型の仕組預金と呼ばれているものだ。簡単に言えば「為替変動リスクを引き受ける代わりに高い利息を受取る」商品である。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, 銀行 | HSBC香港のデポジットプラス(Deposit Plus)の有効活用法 はコメントを受け付けていません。

BOOM証券とHSBC香港投資口座の手数料比較

香港の金融機関を通じて株式の取引をするには銀行の投資口座と利用する方法と証券会社を利用する方法がある。日本人にとってポピュラーなのはHSBC香港の投資口座とBOOM証券だろう。

「HSBC香港投資口座」では香港株式、米国株式の取引をすることができる他、債券やファンド(投資信託)を買うこともできる。
「BOOM証券」は株式取引専業の証券会社だが、香港、アメリカ、オーストラリア、上海B株、深センB株、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ12カ国13の市場の株式の取引がひとつの口座でおこなえるという特長がある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, BOOM証券, 銀行, 証券会社 | BOOM証券とHSBC香港投資口座の手数料比較 はコメントを受け付けていません。

ニュージーランドの固定利回り商品「不動産担保ローンファンド」

モンゴルの通貨トゥグルグ(MNT)は高金利通貨で有名だ。モンゴルへ行って現地の銀行で口座を開設し、トゥグルグで定期預金を組めば1年定期で14.5%の金利が付く。日本円を100万円持ち込んでトゥグルグに両替して定期預金に入れる、一年後仮にJPY:MNTの為替レートが変わらなければ元本の100万円と表面で14.5万円の利息を手にできる。カンボジアでは米ドルでの定期預金金利が1年物で5%以上になる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ファンド・運用商品, ニュージーランド | ニュージーランドの固定利回り商品「不動産担保ローンファンド」 はコメントを受け付けていません。

【P案件】英国・リーズの不動産案件「センチュリーハウス(Century House)」

「リーズ(Leeds)」はイングランド北部、75万人の人口を擁するウエストヨークシャー州の都市。現在ロンドンからは電車で2時間15分の場所に位置する。産業革命時には毛織物、綿織物工業の中心地として繁栄したが、20世紀の製造業の衰退の中でもリーズは比較的うまく転換を図り、現在ではITや科学技術、金融、保険など先進的な産業で成長を遂げている。ヨーロッパの中でも特に経済成長率の高い都市として名高い。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス, 海外不動産 | 【P案件】英国・リーズの不動産案件「センチュリーハウス(Century House)」 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.