トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

物販先物投資。情報と行動力を駆使して利益をあげるIT時代の商品投資

京都高島屋で限定販売された人形100体が一人に買い占められたということがニュースになっていた。

それは「スーパードルフィー(SD)」という精巧な高級フィギュアで、有名な画家・ファッションデザイナーの故中原淳一氏の画を忠実に再現したもの。価格は1体124,000円と高価だが一部のファンにカルト的な人気を誇っていて、100体ぐらいなら一瞬で完売する。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 物販現物投資 | 物販先物投資。情報と行動力を駆使して利益をあげるIT時代の商品投資 はコメントを受け付けていません。

ヘッジファンドという投資2:ヘッジファンドの投資戦略

ヘッジファンドの投資戦略はまず以下の2通りに分けることができる。

1.ディレクショナル型

2.非ディレクショナル型 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | ヘッジファンドという投資2:ヘッジファンドの投資戦略 はコメントを受け付けていません。

ヘッジファンドという投資1:投資信託とヘッジファンドの違い

富裕層、ハゲタカ、ジョージ・ソロス、絶対収益、通貨危機、空売り、レバレッジ。そんなキーワードが浮かんでくる、「ヘッジファンド(Hedge Fund)」それがどういうものかを語る前にそもそもファンドとは何か、というところから説明を始めよう。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ヘッジファンド | ヘッジファンドという投資1:投資信託とヘッジファンドの違い はコメントを受け付けていません。

タイ、パタヤ・プーケット視察の旅で研究する仮想通貨で参入可能な投資案件

2017年は仮想通貨(暗号通貨)の市場が大きく成長した年だった。年初約1.7兆円だった仮想通貨全体の時価総額は同年12月末には64兆円となり、仮想通貨市場は実に37倍以上にも膨れ上がった。仮想通貨の草分けであるビットコインの価格は2017年初め頃1BTC=約10万円だったが、その価格は一時200万円を突破する勢いで上昇した。2017年末のビットコインの時価総額は25兆円だったので仮想通貨市場全体の約4割をビットコインが占めていたことになる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨, タイ, 海外不動産 | タイ、パタヤ・プーケット視察の旅で研究する仮想通貨で参入可能な投資案件 はコメントを受け付けていません。

仮想通貨取引によく使われているワードに覚える違和感

IPO(Initial Public Offering)」日本語に訳すと新規株式公開という意味である。株式会社であれば株式を発行してそれを投資家に渡し事業資金を集めることができる。最初は未公開株の状態なので、家族、友人、知り合い、またはそこからの口コミなどを通じて出資を集めることになる。それで事業が上手くゆき業績が良くなれば株式を証券会社で扱ってもらい、一般の人からより広く資金を集めることができるようになる。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 仮想通貨取引によく使われているワードに覚える違和感 はコメントを受け付けていません。

タイ王国パタヤ・プーケット。人生を楽しむ投資の旅のはじまり

人口わずか10万人で年間900万人の観光客を受け入れる驚異の町、タイのパタヤ特別市。パタヤビーチからレストランやバーが軒を並べるWalking Streetはパタヤの随一の繁華街だ。個人的にこの街には約17年前の年末、ちょうど人類の21世紀を迎えるそのときにはじめて来て以来何度か訪れている。夕食は決まって海にせり出したオープンエアのシーフードレストラン。夕方の心地よい風に吹かれながら乾ききった身体にシンハービール(Singha Beer)を流し込み魚のフライをつつく。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> タイ, 海外不動産 | タイ王国パタヤ・プーケット。人生を楽しむ投資の旅のはじまり はコメントを受け付けていません。

内側に囲い込まれて、外からは跳ね返される。そんな時代の資産防衛策

一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を合計特殊出生率という。現在日本ではこの合計特殊出生率が1.44である。国が人口を維持するために必要な合計特殊出生率の値は2.07と言われる。そして2年後の2020年には日本の女性の半分が50歳以上になる。6年後の2024年には突出して人口の多い団塊の世代(昭和22年〜24年生まれの人たち)がすべて75歳以上の後期高齢者になる。後期高齢者の医療費はそれ以前の世代と比較して4倍程度に跳ね上がるという。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ポートフォリオ運用, 長期積立ファンド | 内側に囲い込まれて、外からは跳ね返される。そんな時代の資産防衛策 はコメントを受け付けていません。

ASEAN経済統合で大幅に価格上昇をするかもしれない土地に投資する

「南部経済回廊(South Economic Corridor)」

ベトナムの経済の中心ホーチミン、カンボジアの首都プノンペン、タイの首都バンコク、ミャンマーの港湾都市ダウェーを結ぶ横断道路である。かつてはそれぞれの国が戦争、内戦を抱え、伝統的な王国、社会主義国、強権的な軍事政権国とさまざまな政治体制の下でいわばバラバラだったインドシナの諸国が一つの道路で経済的に結ばれるという壮大な試み。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> タイ, 海外不動産 | ASEAN経済統合で大幅に価格上昇をするかもしれない土地に投資する はコメントを受け付けていません。

タイ・カンボジアの2018年春節。リゾート投資の視察行脚

2018年2月13日から19日まで約一週間タイとカンボジアを回ってきた。目的はインドシナ半島の主要都市を経由する建設中の横断道路「南部経済回廊」沿線の土地投資とタイのパタヤ・プーケット、そしてカンボジアのシアヌークビルに展開するリゾートホテルの投資案件を視察・見聞である。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> タイ, 海外不動産 | タイ・カンボジアの2018年春節。リゾート投資の視察行脚 はコメントを受け付けていません。

日本国内における有効な資産形成策、不動産事業に付随した節税を考える

「脱税」とは。納税すべき所得があるにもかかわらず、架空の経費を捏造して利益額を少なく見せたり、あるいはその所得自体を隠したりして課税を逃れることである。「租税回避」とは。税法で未規定の手法を駆使し、法に抵触すること無く課税を逃れる行為である。 続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 国内不動産 | 日本国内における有効な資産形成策、不動産事業に付随した節税を考える はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.