トップページ

メール講座 – 国境なき投資戦略

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

 

日本に居ながら香港法人で起業する

所得税の最高税率は17%。キャピタルゲイン課税、配当、預金利息にかかる税金は無し。相続税、贈与税、消費税なども無し。土地が狭いからか不動産の固定資産税や車両登録税、酒・タバコなどにかかる物品税、競馬やサッカーくじなどにかかる賭博税は少々高い。要するに不動産や車を持たず、嗜好品やギャンブルをやらなければ香港人の基本的な税負担は非常に軽い。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 香港法人 | 日本に居ながら香港法人で起業する はコメントを受け付けていません。

暗号通貨の課税。国税庁からの正式発表とその解釈について

暗号通貨(仮想通貨)の取引で実現した損益への課税について先ごろ国税庁から正式なアナウンスがあった。この利益に対しての税目は「所得税」税区分は「雑所得」である。雑所得は利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得という所得税法で明確に定義された税区分以外のもので別の所得と合算して総合課税される。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 暗号通貨・仮想通貨 | 暗号通貨の課税。国税庁からの正式発表とその解釈について はコメントを受け付けていません。

世界各国の個別株を取引するために利用している証券会社

株式投資をはじめたのは1998年。Windows95が発売され、インターネットが爆発的に普及してから3年。中国で勤務していた僕は黎明期にあったインターネット取引を使って日本株の取引をおこなった。ピーピガーガーとダイヤルアップ接続で勤務先で定期購読していた日本経済新聞を見ながら、気になった株式を売買をした。今年はそれから20年目ということになる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 株式投資 | 世界各国の個別株を取引するために利用している証券会社 はコメントを受け付けていません。

【P案件】英国・ロンドンの不動産案件「リバー・ワンドル・アパートメント(River Wandle Apartments)」

「リバー・ワンドル・アパートメント(River Wandle Apartments)」は大きな規模で再開発が進んでいる一方でまだ割安な水準にある地域の中、緑あふれる「ベディントンパーク(Beddington Park)」からわずかな徒歩範囲内に位置している。サットンタウン(Sutton town)やクロイドン(Croydon)からも近く、ロンドン・ヴィクトリアから電車で25分というロケーションは首都に出勤する専門職従事者(Professional)には理想的だと言える。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス, 海外不動産 | 【P案件】英国・ロンドンの不動産案件「リバー・ワンドル・アパートメント(River Wandle Apartments)」 はコメントを受け付けていません。

老化・縮小しながらなかなか流れを変えられない国

上海市にある「自然博物館」に行った。地球の生まれた当時から原始生命体が誕生して、それが進化してゆく過程を化石や実物大の恐竜の模型や動物の剥製、映像などで観覧することができる。夏休み中の日曜日のせいか、たくさんの親子連れでごった返していた。その中にあった人類の現在の人口と出生数、死亡数をリアルタイムに表示する電光掲示版にしばし見入ってしまった。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 日本 | 老化・縮小しながらなかなか流れを変えられない国 はコメントを受け付けていません。

長期積立ファンドと一時払い型ファンドのメリット・デメリット

プラットフォーム上に用意された多数のファンド(投資信託)を組み合わせ、ポートフォリオを作り、世界経済の動きを見ながらそれを臨機応変に組み替えて運用するファンドラップ。ファンドのパフォーマンスによる運用利回りが見込める一方で運用途中での出金も可能なので”銀行にお金を寝かしておくよりは。。”というスタンスで気軽に取り組むことができる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> ポートフォリオ運用, 長期積立ファンド | 長期積立ファンドと一時払い型ファンドのメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

HSBC香港を凍結させない最も簡単方法と凍結した場合の解除の裏技

HSBC香港口座は24ヶ月間口座残高に動きがないと凍結状態(Inactive account)になってしまう。凍結状態になるとATMからの出金やインターネットバンキングでの送金や両替他口座の操作ができなくなるので不便だ。凍結状態になってもインターネットバンキングにログインして口座の内容を確認することはできる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, 銀行 | HSBC香港を凍結させない最も簡単方法と凍結した場合の解除の裏技 はコメントを受け付けていません。

【P案件】英国・マンチェスターの不動産案件「ザ・ルーム(The Loom)」

「ザ・ルーム(The Loom)」はマンチェスター市中心の東部、都市再生が盛んに進んでいるエリアであるニュー・イズリントン(New Islington)に建設される5階建て新築物件だ。市内の高級化の再開発地域であるアンコーツ(Ancoats)やピカデリー・バシン(Piccadilly Basin)からも徒歩の距離にある。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> イギリス, 海外不動産 | 【P案件】英国・マンチェスターの不動産案件「ザ・ルーム(The Loom)」 はコメントを受け付けていません。

HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか?

「HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか?」

という質問を良く受ける。”1ヶ所に資産を集中させておくのはリスクが高い。海外にも分散しておくべきだ”と感じ、数年前に香港に赴いて口座開設をしたもののその後使う場面はなく放置状態。。せっかくコストと手間をかけて手に入れたものなので何とか自分の人生に役立てたい、という思いがあるのだろう。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> HSBC香港, 銀行 | HSBC香港口座を有効活用するにはどうしたら良いか? はコメントを受け付けていません。

香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(2)

非居住者の外国人でも現地を訪れることなくわずかな時間と費用で設立できる、

「香港法人」

通常、香港法人は中国語では”有限公司”、英語では”Limited”あるいは”Company Limited”と締めくくられる。

続きを読む

<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">Posted in</span> 香港法人 | 香港法人。世界有数の利便性を備えたその機能(2) はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.