【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ケント・ストリート・レジデンス(Kent Street Residence)」


「高速鉄道2(HS2-High Speed Rail 2)」は英国の主要都市間の移動時間を革命的に短縮するプロジェクトである。計画は第一段階(Phase1)と第二段階(Phase2)に分かれ、第一段階では2026年までにロンドン(現在のユーストン駅)からバーミンガムまで、第二段階はバーミンガムからマンチェスターまでとバーミンガムからリーズまでの2方面に分かれており2033年までの完成を目指している。総工費は327億ポンド(※約4兆7,400億円)※2018年10月時点

英国の高速鉄道[HS2-High Speed Rail 2]

HS2は最高時速400km/hを誇り、その完成によりロンドンから各主要都市までの移動時間が以下のように短縮される

ロンドン-バーミンガム:45分(現在の所要時間:1時間24分)=39分、46%の短縮
ロンドン-マンチェスター:1時間8分(現在の所要時間:2時間8分)=60分、47%の短縮
ロンドン-リバプール:1時間46分(現在の所要時間:2時間10分)=24分、18%の短縮
ロンドン-リーズ:1時間28分(現在の所要時間:2時間20分)=52分、37%の短縮
ロンドン-エジンバラ:3時間39分(現在の所要時間:4時間30分)=51分、19%の短縮

1時間に最大2万6,000人を輸送することが可能で英国内の移動は劇的に改善、バーミンガムやマンチェスターはロンドンの通勤圏に入る。またヒースロー空港に乗り入れる支線も建設予定、各都市から国際線フライトへのアクセスも良くなる。HS2という名前から想像できるように英国にはすでにHS1(High Speed Rail 1)が存在する。HS1はCTRL(Channel Tunnel Rail Link)とも呼ばれる時速300km/hまでのスピードに対応可能な高速鉄道でロンドンのセント・パンクラス駅から英仏海峡トンネルの英国側出口までをつないでおり、フランスやベルギーへの直通列車である「ユーロスター」が運行している。もちろんHS2はHS1とも接続するので各都市から乗り換えなしでヨーロッパへ出ることもできるようになる。これまで英国はどうしてもロンドン一強で他の都市との差が大きかったがこのHS2の完成により、バーミンガムやマンチェスター、リバプール、リーズなどイングランド北部の都市はロンドンに近づく形で成長すると予想されている。

バーミンガム(Birmingham)の特徴

その国家的プロジェクトの本部が置かれているのが「バーミンガム(Birmingham)」である。市内人口は110万人、都市圏人口は229万人を誇る英国ではロンドンについで二番目の規模を誇る都市圏だ。最新の公的機関のレポートによると2039年にまでにさらに171,000人増加して130万人になると見込まれている一方、2016年〜2017年の住宅供給は1,751ユニットと前年の2,839ユニットにも遠く及ばない状態で住宅の不足にあえいでいる。この不足状態を解消するためにはバーミンガム全体で2026年までに毎年3,577ユニットの物件を完成させなければならず今後しばらく需給が逼迫した状況が続く。そんな環境を反映してバーミンガムの物件価格は2018年〜2022年に20.5%、賃貸価格は同期間に16.5%上昇すると予測されている。

バーミンガムでは今「20年大都市プラン(20 years Big City Plan)」という総投資額15億ポンド(約2,175億円※)をかけた市内の交通機関と科学技術インフラの整備が急ピッチで進められている。20年大都市プランの目玉となる経済特区では180万m2のオフィスや産業用スペースの建設が進んでおり完成時には50,000の雇用を生む予定である。10年の歳月とGBP5億を投じて行われるバーミンガム・ニュー・ストリート駅(New Street Station)に近いスミスフィールド地区(Smithfield)の再開発は1,000ユニットの住宅と100,000sqmのフロアスペース、3,000の雇用を創出する予定だ。

そのスミスフィールド地区に隣接する「ケント・ストリート・レジデンス(Kent Street Residence)」はバーミンガムの中心部の新築物件である。19世紀に作られた歴史的背景を持つスイミングプール「Kent Street Baths」の跡地に建設される緑あふれる屋上のテラスを備えた7階建てのコンドミニアムである。

ケント・ストリート・レジデンス(Kent Street Residence)

【ケント・ストリート・レジデンス(Kent Street Residence)の特徴】

-1ベッドルーム、2ベッドルームの間取り

-部屋数:98ユニット(駐車場付きのユニット有り)

-バーミンガム・ニュー・ストリート駅から徒歩11分

-バーミンガムの有名なショッピング地区ブルリング(Bullring)から徒歩10分

-アストン大学(Aston University)から徒歩28分(車で6分)

-バーミンガム・シティ大学(Birmingham City University)から徒歩25分(車で7分)

-融資比率(LTV)は最高65%

-表面利回りは最高5%

-2021年第1四半期完成予定

-価格はGBP183,000〜GBP334,000(※約2,654万円〜4,843万円)

-賃貸料見込みはGBP775〜GBP1,350/月(※約112,375円〜195,750円/月)

-管理費見込みはGBP2/sqf

※GBP1=JPY145(2018年10月時点)


This entry was posted in イギリス, 海外不動産. Bookmark the <a href="https://www.borderless-investment.com/overseasrealestate/1206/" title="Permalink to 【P案件】英国バーミンガムの不動産物件「ケント・ストリート・レジデンス(Kent Street Residence)」" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.

2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須