シアヌークビル(Sihanoukville)を訪れたのは昨年2018年2月のことなので一年と少し前のことになる。

「ニューノルディック・サンシャインホテル&リゾート」
(New Nordic Sunshine Hotel & Resort)
https://www.borderless-investment.com/sihanoukville/
の立地を視察するためだった。

世界の観光と商流の新拠点、シアヌークビル

首都のプノンペンから小型機を乗り継いで40分のフライトの距離にあるシアヌークビルは現時点でカンボジア本土側唯一のビーチリゾート(他には離島にある)である。カンボジアは日本の約半分のほどの国土のほとんどを森林が覆っており、今のところ外国人が訪れる観光地は首都のプノンペン、世界遺産のアンコールワットのあるシェムリアップ、そしてビーチリゾートのシアヌークビルの3ヶ所に絞られるといっても過言ではない。

「一帯一路」は中国が推し進めている中国西部から中央アジアを経由してヨーロッパにつながる「シルクロード経済ベルト」(「一帯」の意味)と、中国沿岸部から東南アジア、スリランカ、アラビア半島の沿岸部、アフリカ東岸を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(「一路」の意味)の二つの地域でインフラストラクチャー整備、貿易促進、資金の往来を促進する史上最大規模のインフラ投資計画である。(Wikipediaより引用)

簡単に言えば中国がリーダーシップを取って、中国からヨーロッパ、中東・アフリカまで人の移動や物資の流れをしやすくするために交通インフラ整備をおこない、ゆくゆくはその周辺国を経済圏の中に取り入れて自由貿易を促進する構想である。中国が世界的な影響力強化のためにおこなっていることは間違いないがすでに世界100カ国以上が参加する巨大プロジェクトとなって稼働している。

シアヌークビルにはビーチリゾートの他にもうひとつカンボジア唯一の深水港を擁する国際港湾都市であるという顔がある。そしてこの港が「21世紀海上シルクロード」のカンボジアにおける拠点となることが確実視されているのだ。インドシナ半島の大国であるベトナムはかつて中国との戦争経験があり、君主制を好まない中国とタイとの関係も微妙であるがラオスやカンボジアと中国の関係は密接だ。この2友好国を通じれば陸路でインドシナ半島を縦断して南シナ海に出ることも容易だろう。

中国人観光客が押し寄せる

投資面や援助面でも中国が頭ひとつ飛び出ている。2012年から2016年までの間、中国の対カンボジア投資は40億ドル(約4,400億円※)でこれは2億ドルに満たない米国のカンボジア投資の30倍以上だった。(※)USD1=JPY110で換算(2019年3月時点)カンボジアへの援助は
2000年まで日本が一番だったが最近では中国に2倍以上の水を開けられている。

カジノが合法というのもカンボジアの大きな観光資源である。当然と言うのも変だが観光客の割合は中国人が最も多い。2018年1月〜9月カンボジアを訪れた外国人観光客は430万人、そのうち140万人が中国人だった。カンボジア政府もそれを重視しており来年2020年には中国人だけで200万人の観光客受入れを目指している。

ニューノルディック・サンシャインホテル&リゾートの投資プラン

今の日本の状況を思い浮かべれば想像は容易だが世界最大人口の中国人が動くところに宿泊需要あり、ということでシアヌークビルのニューノルディック・サンシャインホテル&リゾートも完売寸前。最後の10数ユニットを残すのみとなっている。一方でニューノルディックグループは新たに以下の投資プランを追加している。

【LEASEHOLD Plan(賃借権投資)】

5年投資プラン:
・一括投資後、物件の完成まで10%/年のキャッシュバック
・物件完成後、9%/年の賃貸保証によるリターン
・5年間の賃貸保証支払後、投資額の110%で償還

10年投資プラン:
・一括投資後、物件の完成まで10%/年のキャッシュバック
・物件完成後、9%/年の賃貸保証によるリターン
・5年間の賃貸保証支払後、投資額の120%で償還

【FREEHOLD Plan(自由保有権投資=物件購入)】

20年賃貸保証プラン:

・一括投資後、物件の完成まで10%/年のキャッシュバック
・物件完成後、20年間9%/年の賃貸保証によるリターン
・10年目以降、3%のインフレ調整付き
・所有権はオーナーが持つためいつでも物件の売却が可能

特に投資期間が短いうえに100%以上の価格で償還してくれるLEASEHOLD(賃借権投資)は非常に興味深いプランである。

「ニューノルディック・サンシャインホテル&リゾート」のお問い合わせ
https://www.borderless-investment.com/sihanoukville/


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須