ベルリンはドイツ最大の都市であり、ヨーロッパではロンドンに次ぐ第二の規模の人口を抱える。政治の安定性とテクノロジーが牽引する成長性、そして事業オペレーションコストの低さで人気の高まっているベルリンはここ数年比類のない不動産需要の高さで世界中の投資家の注目を集めている。

2019年ベルリン概況

2017年第4四半期から2018年第3四半期の不動産取引額は80億ユーロに達し、ヨーロッパの不動産市場においてその需要の力強さで中心的な役割を演じている。

繁栄を享受するこの街は継続的に海外から企業や投資家や若い才能を惹きつけており、そうしてベルリンに流入する人の平均年齢は35歳以下と若い。2006年から2016年の間にベルリンの人口は32万人以上も増加し、German Economic Instituteは2035年までのこのドイツの首都の人口は400万人を超えると試算している。

交通の改善ももちろんベルリンでの投資妙味を増す大きな要因である。2016年だけで6万人の労働力が流入しているビジネスの重要拠点であるが、2020年10月に予定されているベルリンブランデンブルグ新空港の開業は年間3,400万人の利用客を見込む。

ベルリン中央駅からわずか30分というロケーションにあるこの新空港はすぐにヨーロッパでもっとも利用客の多い15の空港のうちの一角を占めるようになるだろう。政府はさらなる空港の拡張も計画、将来は年間5,000万人の利用客を受け入れを目指しており、それは香港やニューヨーク、シンガポール、東京などに並ぶ商業や金融の中心都市と肩を並べるようになることを意味する。

2019年ベルリン不動産市場動向

経済的な成長と増加し続ける人口がベルリンの住宅市場を牽引するメインエンジンだ。ベルリンでは毎年40,000人か60,000の人口流入がある。住宅の供給不足は深刻でベルリン市の開発局が出しているデータによると2030年までに194,000ユニットの部屋の建設が必要とされている。

オフィスワーカーの雇用は年間4.4%も上昇しており、これはロンドンやパリを凌いでいる。不動産価価格は2017年1年で11.4%上昇しており、賃貸価格は10.7%の伸びを示している。都市全体の空室率は1.2%と極端に低い。

ベルリン・シャルロッテンブルグの不動産物件「エデン・ウエスト(Eden West)」

エデン・ウエスト(Eden West)はベルリンでもハイクラスのシャルロッテンブルグ(Charlottenburg)に位置するアパートメントである。ベルリンの最も高級なショッピング街であるクーダム(Ku’Damm)から徒歩の距離であり、市民の憩いの場であるティーアガルテン公園やシャルロッテンブルグ宮殿からもほど近い場所になる。

【エデン・ウエスト(Eden West)の特徴】

-1ベッドルームのアパートメントと2ベッドルームのペントハウス
-ショッピングエリアのクーダム(Ku’Damm)まで徒歩の距離
-バルコニー、ガーデンテラス付きのユニットも多数
-一部のユニットには駐車場付き
-面積は495sqf〜624sqf(46m2〜58m2)
-権利は自由保有権(Freehold)
-融資比率(LTV)は最高70%
-見込み表面利回りは3.5%
-価格はEUR447,800〜2,182,000
-2021年第2四半期に完成予定

【申し込みに必要な書類】

・パスポート
・物件購入申請書

【申し込み及びお支払】

1.予約金としてHKD25,000の支払い
2.ドイツ不動産購入に伴う公証手続時に諸費用の支払い
3.公証手続完了の6ヶ月後に30%の支払い
4.完成時に残額の支払い(Remaining 70% payments in line with MABV)

【エデン・ウエスト(Eden West)のお問い合わせ】

https://ws.formzu.net/fgen/S2318088/

 


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須