マイクロアパートメント(Micro-Apartment)は一般的に欧米の大都市において逼迫した住宅需要を解消するために今世界各地で開発されている30m2以下の賃貸物件である。

マイクロアパートメント(Micro-Apartment)

主に若年層のテナントに人気があり空室率は非常に低く、利回りも比較的高く取れるのでにわかに世界の投資家の注目を浴びている、、が何のことはない、日本で言うワンルームマンション(キッチンと部屋の仕切りがない)あるいは1Kのマンション(四畳半以下のキッチンと部屋の間に仕切りがある)である。

早くから住宅の供給が需要に対して少なかった東京などではワンルームマンションは1970年代から普通に存在しているものだったがヨーロッパではまだ新しいコンセプトらしい。

ベルリン・リヒテンベルク区

ベルリン・リヒテンベルク区はドイツ連邦共和国の首都ベルリン特別市北東部にある行政区 (Bezirk)で旧東ドイツ側の地区である。

 

かつての共産主義時代は国民監視体制ではソ連のKGBやナチスのゲシュタポ以上と言われた東ドイツの悪名高い諜報機関・秘密警察であるシュタージ(Stasi)の本部があった場所だ。ベルリンの中心部であるミッテやクロイツベルクからも近く昨年はベルリン内でも3番目の経済成長率を誇るようになっている。

区内には13,500人の学生数を誇るベルリン技術経済大学もあり学生が多く暮らすと同時にミッテなどへの通勤圏として非常に強い住宅需要を誇る場所である。またスプリー川沿いでは現在メディアスプリー(Media Spree)と呼ばれるベルリンで最も大規模な不動産開発事業が進行中である。

メディアスプリーはスプリー川沿いを近代的にリニューアルすると同時にその地域を将来のベルリンにおける娯楽、メディア、そしてテレコミュニケーションの中心地とする計画。メルセデス・ベンツ、ユニバーサルミュージックのHQ、コカコーラ、O2ワールドやTVドックヤードなどそうそうたる企業がこの地に新たに拠点を設けることが見込まれている。

 

 

 

 

そんな背景もあり今やリヒテンベルクを含むミッテのCBD近郊では学生と若年層の独身ビジネスマンのニーズに対する物件の供給が特に求められているのだ。我々は2017年にも同じタイプのマイクロアパートメントである「コーダ(KODA)」を発表している。

【P案件】ドイツ・ベルリンの不動産案件「コーダ(KODA)」
http://world-survivor.com/?p=1351

コーダは2018年6月に完成済みであるがすでにその82%にはテナントがついており、まもなく100%に達する見込みだ。このことはベルリンにおけるマイクロアパートメントの将来性の高さを雄弁に物語っているのである。

ベルリン・リヒテンベルクの新築物件「アインベッカー 47(Einbecker 47)」

アインベッカー 47(Einbecker 47)はリヒテンベルクに建設される新築マンション。

 

 

【アインベッカー 47(Einbecker 47)の特徴】

-1ルームX35戸、1ベッドルームX5戸
-価格はEUR166,000-404,000
-LTV70%
-2022年5月に完成予定

【申し込みに必要な書類】

・パスポート
・物件購入申請書

【申し込み及びお支払】

1.契約時に税金と諸費用の支払い(契約前には40%の資金証明が必要)
2.公証手続の6週間後に15%の支払い
3.公証手続の6ヶ月後に15%の支払い
4.完成時に残額の支払い

【アインベッカー 47(Einbecker 47)のお問い合わせ】

https://ws.formzu.net/fgen/S2318088/

 


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須