HSBC香港にはプレミア、アドバンス、パーソナルインテグレーテッド(スマートバンテージ)という3種類のグレードの口座があり、それぞれに最低預金額が設定されている。

そして口座残高がそれぞれの最低預金額を下回った場合には以下の口座維持管理手数料(Below Balance Fee)が徴収されるというルールがある。

HSBC香港の口座維持管理手数料(Below Balance Fee)

パーソナルインテグレーテッド(スマートバンテージ):最低預金額 HKD5,000  口座維持管理手数料 HKD60/月
アドバンス:最低預金額 HKD200,000  口座維持管理手数料 HKD120/月
プレミア:最低預金額 HKD1,000,000  口座維持管理手数料 HKD380/月
*口座維持管理手数料は、過去3ヶ月の残高平均が最低預金額を下回ったときに徴収される。

HSBC香港口座グレードの変遷

このうちアドバンスとパーソナルインテグレーテッドについて2019年8月1日から口座維持管理手数料が撤廃されることになった。これはHSBC香港口座の保有者にとってはかなり大きなニュースである。ちなみにHSBC香港口座のグレードについての歴史を紐解くと、僕が利用をはじめた2002年頃はプレミア、パワーバンテージという2区分だった。パワーバンテージはちょうどアドバンスの前身にあたる口座で最低預金額も口座維持管理手数料もまったく同じである。

2007年3月26日にスマートバンテージ口座がパワーバンテージの下のグレードとしてできた。当時のスマートバンテージの最低預金額はHKD10,000(口座維持管理手数料はHKD60/月)だった。スマートバンテージはその後パーソナルインテグレーテッドという名称に変更されたが、この2つの名称は今でも多くの場面で併用されている。

2010年2月にパワーバンテージの名称がアドバンスに変更、名称変更以外の条件に変更はなし。そして2015年8月にパーソナルインテグレーテッドの最低預金額がHKD10,000からHKD5,000に引き下げられた。今回はそのとき以来の変更となるが、口座維持管理手数料の撤廃というのはこれまでにない大きな変化である。

口座維持管理手数料撤廃のニュースと疑問

しかしわからない部分もある。

そもそもアドバンスとパーソナルインテグレーテッドは最低預金額にも口座維持管理手数料にも差がある代わりにアドバンスの方に優遇されたサービスもある。例えば支店の窓口で手続きをするときにはアドバンスには専用レーンがあって待ち時間が少なくて済む、テレフォンバンキングもアドバンスとパーソナルインテグレーテッドでは番号が分かれておりアドバンスの方が比較的親切な対応になっている。普通に考えればパーソナルインテグレーテッドの利用者がアップグレードしてアドバンス口座に変更する動機が芽生えるのは当然の成り行きだ。すると窓口手続きやテレフォンバンキングの分別は意味がなくなってくるのではないか?

この点をHSBC香港のスタッフに訊いても「確かにそうなりますよねぇ。。」と彼らもまだどうなるのか説明できない状態だ。もしかしたらやがてこれら2つの口座は統合されてゆくのかもしれない。

本来プレミアというVIP口座があるのにその下に更に2種類のグレードが存在する必要があるのかというのも疑問だったのでVIPのためのプレミア口座とそれ以外の口座、というふうにに分かれるのはシンプルだし、何より銀行側の余計な管理負担が軽減されて良いかもしれない。

あ、もしかしたらこの管理の簡略化をきっかけにリストラ??、、などという穿った考えも頭に浮かぶ。(HSBCは従来からリストラが多い)

一部の口座とはいえ、香港の銀行で口座維持管理手数料を撤廃するのははじめてだと言う。他の銀行からの乗り換えも増えるだろう。最大手銀行におけるある種のダンピングとも言えるしれない、独占禁止法に引っかからないのだろうか? そもそも香港はその辺の法整備はどうなっているのだろう?

いろんなことを考えればキリがないがアドバンスとパーソナルインテグレーテッドの保有者にとっては最低預金額クリアのプレッシャーや足りない場合の手数料が免除になるということで良いニュースであることには違いない。現時点では素直に喜んでおけば良いかと思う。


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須