この度サンライフの貯蓄商品「ヴィクトリー(Victory)」の加入キャンペーンが発表された。

貯蓄商品とはそもそも何か?

サンライフはその社名が示す通り生命保険会社だ。生命保険は万一の死亡リスクに備えることが第一義にあり、もし保険契約中に被保険者が死亡すると支払う保険料の数倍にも上る大きな死亡保障が受取人に支払われる。一方で存命のまま保険を解約して受け取れる解約返戻金は低く抑えられている。サンライフにはこのタイプのオーソドックスな生命保険として「ライフブリリアンス(Life Brilliance)」がある。

貯蓄商品は貯蓄性を重視した商品であり、解約返戻金が高く設定されている一方で死亡保障額はその解約返戻金と同額である。平たく言えば貯蓄商品とは死亡リスクに備えると言うより将来自分がその解約返戻金を受け取ることを前提として高いリターンを得ることを目的としたプランであり、死亡保障は万一被保険者の死亡が発生した場合にも受取人がスムーズにその資金を回収できるようにした商品であると言える。

サンライフの貯蓄商品

サンライフの貯蓄商品には、

・保守的運用で定期利払いのあるヴィジョン(Vision)
・積極運用型のヴィクトリー(Victory)
・上記両方のメリットをバランス良く備えた富裕層向けのヴィーナス2(Venus Ⅱ)

がある。

この3商品はまず運用方針によって大きく2つに分けられる。運用資産のうち50~70%を債券(Fixed Income)、残りは株式等(Non Fixed Income)で運用される方針の下にあるヴィジョンとヴィーナス2。そして25%〜80%を債券、残りを株式等で運用されることになっているヴィクトリー。

25%〜80%の幅で債券と株式のバランスを調整するヴィクトリーは臨機応変な運用をおこなえる柔軟なポートフォリオであり、常に50%以上を債券で運用するヴィジョンとヴィーナス2はより保守的なポートフォリオであると言える。

ちなみにヴィクトリーが上限ギリギリの80%まで債券を組み入れればヴィクトリーより保守的なポートフォリオを達成することも可能でここがこの商品の柔軟性の最たる要素であるが、逆に言えば運用者の手腕にかかっていると言える。一方でヴィジョンとヴィーナス2は運用者よりは運用のルールが支配している商品と言って良いだろう。

ヴィジョンとヴィーナス2の違いは最低投資額及び支払い期間だ。ヴィジョンが最低投資金額USD20,000で支払期間が2年、5年、10年払いの3種類となっているのに対し、ヴィーナス2は最低投資額USD125,000の一時払いのみとなっている。これがヴィーナス2が富裕層向けとされる所以でもある。

一方で同じ運用方針を採用しているこの2商品だが、運用効率はヴィーナス2の方が優れている。これはおそらくというかもちろんというかヴィーナス2の最低投資額がUSD125,000という高額に設定されていることによるものだろう。商品提供者の立場からすれば少ない金額で多数の契約を取り扱うより大きな金額で少数の契約を取り扱う方が明らかに運営コストが低い。それを契約者に還元すれば自ずと運用成績は良くなるからだ。

ヴィクトリーとヴィーナス2の運用シミュレーション比較

以下はヴィクトリーとヴィーナス2の運用シミュレーションを比較である。拠出額はヴィーナス2の最低投資額であるUSD125,000に合わせてある。

ちなみにヴィジョンとヴィクトリーの運用シミュレーションの比較は以下の記事をご参照いただきたい。
https://www.borderless-investment.com/insurance/3134/

【ヴィクトリー(Victory)】

[支払期間]

一括払い、5年払い、10年払い
※一時払いの場合5年分の保険料を前納という形態

[満期償還]

満期償還:被保険者が120歳になる年度

[ヴィクトリー(Victory)の運用例]

プラン名:Sun Life VICTORY
加入時年齢:40歳
保険料支払期間:一時払い(5年払いプラン一括前納)

一時払い投資額(5年払いの前納):USD125,000

20年後解約返戻金(60歳時):USD308,691(返戻率247%)
25年後解約返戻金(65歳時):USD433,025 (返戻率346%)
30年後解約返戻金(70歳時):USD605,635 (返戻率485%)
50年後解約返戻金(90歳時):USD2,287,038(返戻率1829%)
※解約返戻金はいずれも非確定部分を含む概算

【ヴィーナス 2(Venus Ⅱ)】

[支払期間]

一時払い

[満期償還]

満期償還:契約してから120年目か、被保険者が120歳になる年度

[ヴィーナス 2(Venus Ⅱ)の運用例]

プラン名:サンライフ ヴィーナス 2(Venus Ⅱ)
加入時年齢:40歳
保険料支払期間:一時払い

一時払い投資額:USD125,000/年

20年後解約返戻金(60歳時):USD325,971(返戻率261%)
25年後解約返戻金(65歳時):USD440,101(返戻率352%)
30年後解約返戻金(70歳時):USD596,592(返戻率477%)
50年後解約返戻金(90歳時)::USD2,180,501(返戻率1752%)
※解約返戻金はいずれも非確定部分を含む概算

【サンライフ社ヴィクトリー加入キャンペーン内容】

・一年目の投資額の5%のリベート(最大HKD10,000まで)
・リベートは次年度の投資額に充当される(一括前納する場合はリベートを除いた金額を入金)
・2022年1月1日〜2022年3月17日

例えば投資総額USD100,000を5年払い、10年払いで契約した場合のリベートの金額はそれぞれ以下のようになる。

5年払い:1年目の投資額USD20,000X5%=USD1,000
10年払い:1年目の投資額USD10,000X5%=USD500

【お見積希望・問い合わせ】
https://ws.formzu.net/fgen/S19274410/


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須