「リスボン(Lisbon)」

ヨーロッパでも最古の国家のひとつであるポルトガルは世界金融危機以降、最も強い経済的回復の最中にあり、これが今特別な投資機会を提供している。リスボンはそんなポルトガルの成長のメインエンジン。283万人の人口を擁し、GDPの45%を叩き出し、国内の29%の雇用があり、その生産性は国内平均の1.3倍に及んでいる。

リスボンの経済状況

2018年〜2025年のリスボンの人口増加見込みは2.93%。

2022年に予定されているリスボンの新空港であるモンティジョ空港(Monitjo Airport)の開業でリスボンに降り立つ乗客は年間5,000万人を見込む。政治、科学技術、文化、すべての中心となるポルトガルの首都であり、ヨーロッパでも最もスマートな都市のひとつとして海外からの投資の主要なロケーションとなっている。リスボンのツーリズムは拡大を続けており、2018年には450万人の外国人旅行客がこの地を訪れた。

またリスボンはヨーロッパにおける最新の科学技術の拠点となることを目指しており政府はスタートアップ企業の開発支援者インキュベーター(Incubator)育成にEUR100万拠出。2014年〜2016年の間にハイテク部門にて700もの起業がなされた。現在135のインキュベーターやその促進者によってリスボンで400のスタートアップ企業に創業の場を提供され、3,000の雇用が創出されている。

これらの要素によりPwCの 「2019年ヨーロッパ不動産のエマージング・トレンド」(2019 Emerging Trends in European Real Estate report)のレポートでリスボンは2019年の投資と発展においてヨーロッパでは1位にランキングされる都市となっている。

リスボンの不動産市場

リスボンの住宅価格は以下のようにヨーロッパの他の首都に比べればまだまだ割安である。

ロンドン:EUR27,000/m3
パリ:EUR18,000/m3
ベルリン:EUR12,000/m3
マドリッド:EUR10,000/m3
リスボン:EUR8,000/m3

しかしEUR500,000の投資移民プログラムである「Golden Residence Permit Program」の人気により2015年からの外国人投資家の増加、リスボンの失業率の低下による国内投資家の増加、そして観光客の増加により居住用不動産の需要は逼迫しており不動産市場は熱を帯びている。

2012年〜2017年の不動産取引の伸びは151%、2018年〜2022年の間に不動産価格は19.2%の上昇が見込まれている、2019年度は単年で3.84%上昇すると予測されている。賃貸価格は2017年単年で15.4%、2013年〜2017年間では45.1%上昇しており、今後5年間で27.3%上昇すると予測されている。

現在長期賃貸の平均利回りは4%、
観光客向けなどの短期賃貸ではおよそ5〜6%である。

リスボンの不動産物件「ベラ・ビスタ(Bela Vista)」


 
英語に訳すと”Beautiful View(美しい景色)”という名の「ベラ・ビスタ(Bela Vista)」はリスボンのグラッサ(Graça)付近に建設される新築物件である。
 

 
市街のパノラマの景色とハイエンドのスペックを備えながら、そのなめらかなデザインはリスボンの最も歴史的で絵画的な近隣の環境に配慮する一方で都市の前衛的な側面を体現している。

 

【ベラ・ビスタ(Bela Vista)の特徴】

-14ユニットを確保
-1ルーム、1ベッドルーム、2ベッドルームの間取り
-ハイスペックの建築
-タホ川(Tagus River)を望む美しい景観
-リスボンCBDまで車で10分の距離
-価格はEUR245,000-620,000
-LTVは最高80%
-自由保有権(Freehold Title)
-2020年10月に完成予定
-利回り見込み:4.4%

【申し込みに必要な書類】

・パスポート
・物件購入申請書

【申し込み及びお支払】

1.予約金としてHKD25,000の支払い
2.契約(Client Promissory Agreement:CPCV)締結時に20%の支払い
3.CPCV締結から5ヶ月後に20%の支払い
4.CPCV締結から10ヶ月後に15%の支払い
5.完成時に残額の支払いと物件譲渡証書への署名

海外不動産不動産【P案件】のお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S2318088/


 

 

 

 

 


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須