「ゴールデンビザ・プログラム」

ポルトガル政府がおこなっている移住プログラム。ある国家に一定額以上の投資をすればその国の居住権を取得できる投資移民制度の一種である。ヨーロッパにはスペインやギリシャ、マルタなど投資移民プログラムのある国がいくつかあるがその中でもポルトガルは温暖で過ごしやすく、物価も安いので非常に人気が高い。EUではどの国で居住権を取得してもシェンゲン協定加盟の欧州25カ国に自由に渡航や居住ができるので他の地域の投資移民ビザよりもバリューが高い。

ポルトガルのゴールデンビザ・プログラム

ポルトガルのゴールデンビザを申請するための投資の条件は以下の通りである。

1.100万ユーロ以上の資金をポルトガルに移動する
2.会社を立ち上げ10人以上の雇用を創出する
3.50万ユーロ以上(指定の都市再開発地区内で築30年以上の物件を購入する場合は35万ユーロ以上)の不動産を購入

投資以外の条件としては、

・主たる申請者が満18歳以上であること
・非EU加盟国家の国民であること
・個人用の健康保険を購入すること
・犯罪歴がないこと(無犯罪証明書の提出が必要)

がある。

ゴールデンビザは1年後に更新、その後2年ずつの更新となる。更新の条件には最低滞在日数があり、最初の1年は7日間、その後は2年間で14日ずつの滞在が必要になる。ゴールデンビザを5年間保持すれば永住権の申請も可能になる。またゴールデンビザの主たる申請者は家族を扶養家族として自分の申請に追加することができる。配偶者はもとより、扶養状態次第では父母を含めた親子3代での移住も可能である。

サンタ・カタリーナ(Santa Catarina)

サンタ・カタリーナ(Santa Catarina)はポルトガル・リスボン南部のテージョ川、そして対岸の都市アルマダとリスボンを結ぶ4月25日橋を望む丘の上にある。パステルカラーに塗装された住宅と過剰とも言えるほどに密集したレストランやバーに特徴づけられる古き良きリスボンと新しい都会的な魂が融合した地域だ。リスボンの歴史的中心と位置づけられ、この地を訪れる人々は伝統的なポルトガル料理からヨーロッパ最新トレンドのファッションまでを取り揃えた様々なショッピングを楽しみ、玉石を敷き詰めたストリートを闊歩することができる。

リスボンの不動産物件「カルヴァーリョ(Carvalho)」

サンタ・カタリーナに建設される不動産物件「カルヴァーリョ(Carvalho)」は1755年のポルトガルの地震からの復興に大きな功績のあった当代最高の大臣と言われるポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルヴァーリョの名前を冠している。彼は当時としては前衛的なデザインの建築物でリスボンの街を再建した。その遺産はリスボンの街の象徴的な建築物にあしらわれている青と白のタイル「アズレージョ」を貴重としたボンバルラインスタイルの建築様式として継承されている。カルヴァーリョ(Carvalho)は歴史的で由緒ある外観とモダンな内装、そして生活のオアシスとしての庭を備えている。

【カルヴァーリョ(Carvalho)の特徴】
-8ユニットを確保
-1ルーム、1ベッドルームの間取り
-2020年第4四半期に完成予定
-ロケーション:サンタ・カタリーナ(Santa Catarina)
-価格
・1ルーム:EUR204,900–319,500
・1ベッドルーム:EUR287,400-EUR404,700
-LTVは最高80%
-金利約3%(※申請者の条件による)
-利回り見込み:4.7%

【申し込みに必要な書類】
・パスポート
・物件購入申請書

【申し込み及びお支払】
1.予約金としてHKD25,000の支払い
2.契約(Client Promissory Agreement:CPCV)締結時に10%の支払い(予約日からおおよそ6週間後)
3.CPCV締結から2ヶ月後に10%の支払い
4.CPCV締結から4ヶ月後に10%の支払い
5.CPCV締結から6ヶ月後に10%の支払い
6.CPCV締結から8ヶ月後に10%の支払い
7.完成時に残額の支払いと物件譲渡証書への署名

海外不動産不動産【P案件】のお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S2318088/


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須