2022年7月17日から24日までの新型コロナの新規感染者数は世界全体でわずかに減少する一方、東アジアでは増加傾向が見られている。

対前週比でモンゴルはおよそ7倍、韓国は80%の増加。日本は73%の増加で、新規感染者数は969,068人。この人数がこの週の国別で世界最多となった。その次に多かったアメリカは対前週比3%減って860,097人だった。一方で2022年6月以降、日本政府は入国条件を大幅に緩和しており入国時72時間前のPCR検査が陰性であれば原則隔離等せずに活動ができる。

2022年8月時点で入国制限のある国・地域

現在世界のほとんどの国でワクチンの接種証明があればそのまま入国が可能である。その内3分の1ぐらいの国はワクチン接種の有無に関わらず制限なく入国ができるようになっている。日本はどちらかというと他の国と比較して遅めに入国条件が緩和されたと言える。

すなわち世界の主要国のうちのほとんどがワクチン接種や陰性証明を準備できれば、コロナ以前のような自由な海外渡航が回復している。ほとんどの国が、、ということはごくわずかに渡航に不自由な国・地域が残されている。それが中国、香港、台湾である。

中国と台湾は観光目的の外国人の入国は完全に認められていない。香港は入境前48時間以内の陰性証明を求めた上で7日間ホテルにおける隔離の必要がある。(これでも隔離期間は21日間から14日間、そして7日間と短縮されては来たので徐々に緩和の方向には向かっているのだが)しかも香港への渡航後に隔離で入る香港のホテルは自費負担となる。

香港の隔離者用ホテルの予約

現在香港のホテルは隔離者用のホテルと隔離者以外の人を受け入れるホテルに分かれている。海外から香港に渡航する場合は予め隔離者用のホテルを予約しておいて、空港でのチェックインの際にそれを見せなければ搭乗させてもらえない。agoda.comなどの予約サイトでは香港で「隔離用ホテル」として検索できるようになっている。

香港の隔離者用ホテルの宿泊費

こんな状態でわざわざ海外から観光に来る人はいないので、ほとんどの場合海外に出かけた香港居住者が戻ってくるときにこうしたホテルに宿泊することになる。そして現在、このホテルの予約を取るのにもひと苦労だ。今予約サイト(agoda.com)でまともに検索すると8月中の隔離者用ホテルの空きはゼロである。ようやく9月1日に2件がヒット。

ザ ランガム ホンコン ホテル (The Langham Hong Kong Hotel):HKD2,159/泊(約JPY36,703/泊)

The Landmark Mandarin Oriental Hong Kong:HKD4,800/泊(約JPY81,600/泊)

普通に5つ星ホテルのハイシーズン価格で7連泊といった具合だ。逆に香港には国内旅行みたいな需要はほとんどないから隔離者を受け入れていないホテルは閑古鳥が鳴いていて宿泊価格も暴落。おそらく今は普段の半分ぐらいの価格で宿泊できるはずだ。もっとうまいやり方がないのか、、とは思う。

直近のニュースでは香港政府は現在7日間必要な隔離が5日間とか4日間に短縮することを検討しているとのこと。遅れている香港への渡航の自由化が実現するのは今少し先のことのようである。


0
2011年の発行開始以来毎週配信されているBorderless Group代表玉利将彦のメールマガジン

メール講座【国境なき投資戦略】

* 入力必須