生命保険の税金

生命保険の税金

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   「生命保険(Life Insurance)」は一般的に家族など大事な人の逝去に備えて加入するものである。 しばしば「当たりたくない宝くじ」という喩えが用いられるように被保険者の死亡保障として支払われる保険金は悲しみと同時に手元に来るものだ。それは多くの場合、大黒柱を失った家庭の今後の生活を支えるものであったり、幼い遺児が将来の就学に困らないように使われることになる資金であったりする。

オフショア保険、パンアメリカン・ライフに関するQ&A

オフショア保険、パンアメリカン・ライフに関するQ&A

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   Q.なぜパンアメリカン・ライフはケイマンで商品を登録したのか? A.安定した政府、法制度、経済、有利な税制環境が整っているという点がケイマンで商品を登録した主な理由。CIMA(ケイマン諸島金融監督官庁)は、1)保険法および規制、2)国際保険監督者協会(IAIS)が発行した保険監督の基本原則に従って保険業界を規制している。

インデックス・ユニバーサル・ライフ(IUL)の真価

インデックス・ユニバーサル・ライフ(IUL)の真価

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   サンライフインターナショナルは1996年に政治的および経済的安定、誠実の伝統、有利な税制で世界的に高い評価を得ているバミューダで国際事業を開始し、世界中の富裕層 (HNW) 市場に革新的なオフショア生命保険ソリューションを提供している。 現在世界80か国以上の数千のクライアントにサービスを提供しており、1兆3,000億ドルの運用資産と優れた財務力評価を誇る世界的なフォーチュン500企業であるサンライフグループの傘下企業。

経営者保険としての米国・オフショア生命保険

経営者保険としての米国・オフショア生命保険

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.     「経営者保険あるいはキーマン保険(Keyman Insurance)」(以後”キーマン保険”)は企業の経営者や役員が突然亡くなった場合の業績への影響による会社の売上・利益の減少をカバーするために利用される保険の呼称である。 創業者オーナーが社長を務めているような企業の場合、経営者あるいは有力な役員個人(Keyman)の力量が会社の業績に大きく関わっていることは少なくない。そんな企業でもし急に重要人物が亡くなってしまうと時には会社自体が傾きかねないダメージを被ってしまう可能性がある。そうしたリスクをカバーするために会社が契約者、会社の重要人物が被保険者となってかける生命保険のことだ。

米国生命保険のIRR(内部収益率)

米国生命保険のIRR(内部収益率)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   投資案件の運用効率を測り評価するための重要な指標に「IRR(内部収益率)」というものがある。 IRRは「投資によって得られる将来のキャッシュフローの現在価値と、投資額の現在価値が等しくなる割引率」を計算したものだ。もうすこし噛み砕いて言えば「投資額=将来得られるお金を現在の価値に換算した金額と等しくなる割引率」という意味になる。

生命保険と銀行預金の分散の意義

生命保険と銀行預金の分散の意義

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   2023年5月1日、米国のカリフォルニア州を本拠地とする「ファースト・リパブリック銀行(First Republic Bank)」が経営破綻した。3月にIT企業やベンチャー企業を顧客に多く抱えていたシリコンバレー銀行(SVB)(カリフォルニア州)とそれに続いて、暗号通貨関連企業が多数取引をしていたシグネチャー銀行(ニューヨーク州)が相次いで破綻したのに続く米大手銀行の破綻の連鎖となった。 ファースト・リパブリック銀行は富裕層が主な顧客として名を連ねていたが預金残高のうち、破綻時に保護されない預金額の割合が67%と大きかったこともあり、3月の二銀行の破綻を受けて預金が流出。

従来型ユニバーサルライフとインデックスユニバーサルライフ

従来型ユニバーサルライフとインデックスユニバーサルライフ

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   前回までに述べてきたとおり、アメリカ・カナダは生命保険の開発では世界最先端を走っている地域である。 その北米で取り扱われている商品を列挙するとざっと以下のようになる。 1. インデックスユニバーサルライフ(Index Universal Life) 2. ユニバーサルライフ(Universal Life) 3. 可変ユニバーサルライフ(Variable Universal life) 4. 保証付き可変ユニバーサルライフ(Guaranteed Variable universals life) 5. 定期保険(Term life) 6. 連生終身保険(Joint whole life) 7. 団体信用生命保険(Mortgage/Creditor Insurance) 8. その他

北米の保険会社の組織形態

北米の保険会社の組織形態

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   保険会社には「相互会社」というこの業界に独特の形態がある。 保険会社が採るもうひとつの組織形態が「株式会社」であり、こちらは株主が資本金を供出してそれを元手に事業をおこなう、すべての業態にあるいわゆる株式会社だ。 相互会社は契約者すべてが「社員」という立場となり、彼らが払い込む保険料が保険業務の運営資金となる。大勢の人たちがお金を出し合い、それをプールしておき、もしそのメンバーの中で不幸にも死亡者が出たときにそれが原因で残された家族が困窮しないように生活に必要な資金をそこから支払うというのが保険が誕生した経緯であるが、相互会社とはその相互扶助の精神に基づいた組織であると言える。

世界最先端のバリエーションを誇る米国・オフショア生命保険を語る(3)

世界最先端のバリエーションを誇る米国・オフショア生命保険を語る(3)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   相続税には3つの目的がある。 1つ目は不労所得に対する課税。 人間は社会的な生き物であり、労働などの社会貢献を通じて対価を得て生計を立ててゆくのが本来有るべき姿と考えられ、多くの人がそうしている。一方で相続により得た財産は不労所得であり、それは人間の持つ社会的価値観に合わない。財産を子供に渡したいと思うのは親心であり子供もそれを受け取るのは当然と考えるが、周囲の大多数はお金持ちの家に生まれただけで労せずそれを得るのはどうも腑に落ちない。その価値観是正のために相続資産から税金を徴収する。

世界最先端のバリエーションを誇る米国・オフショア生命保険を語る(2)

世界最先端のバリエーションを誇る米国・オフショア生命保険を語る(2)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.   「ソルベンシー・マージン比率」 生命保険会社の経営状態・健全性を判断するための指標のひとつで、通常の予測を超えて発生する保険金の支払いリスクに対する耐久度を測るものである。 生命保険会社は統計から人が死亡する確率を計算して保険金(死亡保障)に対して、どれぐらいの保険料を徴収すれば充分な支払いと会社の経営ができるかを計算している。しかし例えば東日本大震災のように予想外に一度に大勢の人が亡くなるようなことがあると、もちろんこの計算では合わなくなる。